竹富島は周囲約9kmの小さな島太古の昔に珊瑚礁が隆起してできた島です。石西礁湖(せきせいしょうこ)という日本最大のサンゴ礁に囲まれていて、島全体が「西表石垣国立公園」に含まれています。シーサーが見守る赤い瓦屋根の伝統的民家には、ブーゲンビリアが年中華やかに咲いていて、白いサンゴ砂が敷かれた道を水牛の足音や三線の音色を聞きながらゆっくりと歩く時間は格別です。
沖縄の原風景を感じる竹富島の集落は「重要伝統的建造物群保存地区」にも指定されており、2006年に「国の有形文化財」にも登録されています。
島中の写真を撮り歩くならレンタサイクルがおすすめです。

この花風景に花まるを

※反映に数日かかります。(ご厚意で管理されている方に配慮し承認制となります。)

お名前必須

名前を入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

※パスワードはコメントの削除・修正に必要です。

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie
Webサイト https://painusima.com/category/sima/taketomijima/
花風景のキーワード
1月 、 2月 、 11月 、 12月
都道府県 沖縄
おすすめポイント 冬でも平均18度あり、鮮やかな南国の花々を楽しめます。ハイビスカスやデイゴなど季節ごとにも様々な花が咲きますが、花の少ない冬に特に訪れたくなる場所。